keyboard_arrow_right
未分類

VPSサーバーでサイト構築 — その11

< ?php include_once("analyticstracking.php") ?>

11.SMTP AUTH の実装

CentOS 5 には saslauthd がインストールされていたことは前述しました。まずはsaslauthd がサポートしている認証形式を確認しておきます。

>saslauthd -v
saslauthd 2.1.22
authentication mechanisms: getpwent kerberos5 pam rimap shadow ldap

ldap がリストにあるので問題ありません。OSのパッケージによっては ldap が別モジュールになっている場合がありますが、CentOS の場合は基本パーケージに ldap サポートが含まれています。

次に設定ファイルを修正していきます。まずはメールサーバーの認証に sasl を使用するように設定します。

/usr/lib/sasl2/smtpd.conf ファイル

pwcheck_method: saslauthd
mech_list: plain login

ここではログインメカニズムを plain に設定しておきます。次に saslauthd の設定ファイルである saslauthd ファイルを編集します。

/etc/sysconfig/saslauthd ファイル

#変更箇所
MECH=ldap
#追加箇所(起動オプション)
FLAGS=”-O /etc/saslauthd.conf -c”

認証方法を LDAP にするとともに ldap 接続情報の記述ファイルとなる saslauthd.conf ファイルのパスをオプションで渡すように設定します。

/etc 配下に上で指定したファイル saslauthd.conf を作成します。

/etc/saslauthd.conf ファイル

ldap_servers: ldap://localhost:389/
ldap_auth_method: bind
ldap_bind_dn: cn=mtaAdmin,ou=Service,dc=hogehoge,dc=com
ldap_bind_pw: パスワード
ldap_search_base: ou=mailsys,dc=hogehoge,dc=com

ここに記述する接続情報はサーバーパス、認証メソッド、検索ベースが基本で、ここでは bind メソッドを使用するのでバインドユーザーのdnとパスワードも記述しています。
サービスを起動して登録済みテスト用ユーザーで接続のテストをしてみます。

>service saslauthd start
>testsaslauthd -u test -p パスワード
0: OK “Success.”

上のようになれば接続成功です。
次に postfix の設定ファイルに SMTP AUTH を使用するよう設定を追記していきます。加えていくつかのセキュリティー設定も追記しておきます。

“VPSサーバーでサイト構築 — その11” の続きを読む